日本臨床発達心理士会

私達は発達心理学を基礎とした、人の健やかな育ちを支援する専門家です。

兵庫支部 概要 支部長あいさつ・沿革・役員紹介・支部規約

ご 挨 拶


 臨床発達心理士は、人に対する発達的視点を中心におきながら、臨床的支援を行う専門家です。 発達的視点の対象としては、成長、加齢、身体、行動、精神、知的、社会など様々なものがあります。 人に対する臨床的支援を行う上で、発達的視点は欠くことのできない重要なものであり、臨床発達心理士は その専門家として常に研鑽を積み続けることが求められています。
 心理の資格を取り巻く状況としては、国家資格である公認心理師が誕生したことで、今後大きく 変わっていくことが予想されます。恐らく臨床発達心理士の有資格者の中にも公認心理師の資格取得を 目指される方が多くおられるでしょう。特に医療現場で働かれる心理職はその取得が必須のものになると思われます。 しかし忘れてはいけないことは、臨床発達心理士のアイデンティティがあくまでも発達的視点をもった専門家であるという点です。 心理に関する資格は他にも多数ありますが、これからは心理支援の専門家というだけでなく、その中でも何についての専門性を 有しているのかを明示していくことが求められていくことになるでしょう。
 発達障害、不登校、虐待、子育て、高齢者、ひきこもり等、様々な臨床的支援が必要な領域において、 今後益々臨床発達心理士が活躍していくことが望まれます。私たち支部役員は会員の皆様の活動に役立ち、 専門性を高めることができるように、研修を企画し、開催していきたいと考えております。
 最後に皆様の一層のご活躍を祈念いたしまして、ご挨拶とさせていただきます。

2018年5月22日


写真:支部長写真
支部長 米山 直樹 (平成30年度~32年度)
名称 一般社団法人 臨床発達心理士認定運営機構
日本臨床発達心理士会 兵庫支部
沿革 2003年4月 日本臨床発達心理士会関西支部設立
2011年1月 兵庫支部設立準備会発足
2011年4月 兵庫支部発足。関西支部から京滋奈支部、阪和支部も設立
URL
e-mail
http://www.jacdp-hyogo.org
info@jacdp-hyogo.org

平成30年度~平成32年度 支部役員

役 職 名氏  名所  属
 支 部 長 米山 直樹 関西学院大学
 副 支 部 長 中井 昭夫 武庫川女子大学
 事 務 局 長 秋光 恵子 兵庫教育大学
 幹  事 藤崎 亜由子 兵庫教育大学
 会  計 西岡 美智子 兵庫県立こばと聴覚特別支援学校
 広  報(IT) 小池 理平 姫路市飾磨中部中学校
 庶  務 藤野 光裕 姫路市教育委員会
 支部会員情報管理者 米山 直樹
 秋光 恵子
 関西学院大学
 兵庫教育大学

平成27年度~平成29年度 支部役員

役 職 名氏  名所  属
 支 部 長 松村 京子 兵庫教育大学
 副 支 部 長 萱村 俊哉 武庫川女子大学
 事 務 局 長 秋光 恵子 兵庫教育大学
 幹  事 小池 理平 姫路市立飾磨中部中学校
 部 会 役 員 成田 健一
 小石 信子
 関西学院大学
 芦屋市特別支援教育センター
 会  計 西岡 美智子 兵庫県立こばと聴覚特別支援学校
 広報(IT)・庶務 富井 和美 兵庫県立阪神特別支援学校

兵庫支部規約

一般社団法人 臨床発達心理士認定運営機構
  日本臨床発達心理士会 兵庫支部規約

第1条(名称)
本会は、一般社団法人 臨床発達心理士認定運営機構日本臨床発達心理士会兵庫支部と称する。

第2条(事務局)
本会は、事務局を兵庫県加東市下久米942-1 兵庫教育大学大学院学校教育研究科内に置く。

第3条(目的)
本会は、日本臨床発達心理士会兵庫支部会員の相互の連携を密にし、臨床発達心理士資格の健全な発展に寄与することを目的とする。

第4条(事業)
本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
① 研修会・研究会等の開催
② 支部会報•ホームページ等による情報発信
③ その他、前条の目的を達成するために必要と認める事業

第5条(会員)
本会の会員は日本臨床発達心理士会兵庫支部に所属する臨床発達心理士であり、原則として、職場または住居を本支部内に有する者とする。

第6条(入会)
臨床発達心理士の資格取得の時点で、第5条に該当する会員が、一般社団法人 臨床発達心理士認定運営機構において本支部に登録した時点で、本会への入会とする。

第7条(退会)
会員が、第5条の条件を満たさず、一般社団法人 臨床発達心理士認定運営機構において本支部より登録を末梢した時点で、本会からの退会とする。
① 臨床発達心理士資格を喪失したとき
② 他支部への異動申請を受理されたとき

第8条(事業や活動への参加)
会員は、本会が主催または共催する事業および活動等に参加することができる。

第9条(総会)
総会は、支部会員をもって構成し、会の意思と方針を決定する。
2 定期総会は年1回開催し、必要に応じて臨時総会を開催することとする。
3 総会の成立は、出席者と委任状提出者の合計数が支部会員の過半数を超えることとする。定足数に満たない場合は、仮総会とする。
4 総会の議決は、出席者の過半数をもって成立とする。
5 仮総会における承認および決定事項は、支部ホームページで全会員に周知し、公示後1ヶ月以内に決議事項に対して会員総数の4分の1以上の反対がない場合は、決議が成立したものとする。
6 定期総会には次の議題を提出しなければならない。
① 事業の年次報告及び年次計画の承認
② 事業の収支決算及び収支予算の報告

第10 条(役員・選出方法・任期)
本会には、次の役員を置く。
支部長 (1名)
副支部長(1名)
事務局長(1名)
会計 (1名)
IT・広報(1名)
幹事 (1名)
その他、支部の運営にあたり支部長が必要と認める役員
2 役員の選出は会員の互選によるものとする。
3 支部長は本会を代表し会務を執行する。
副支部長は、支部長を補佐する。支部長が不在の時に会務を代行する。
事務局長は、支部長を補佐し、本会の事務を統括する。
幹事は、支部を代表し日本臨床発達心理士会幹事会に出席する。
4 役員の任期は3年とし、再任を妨げない。ただし、連続して3期はできない。

第11 条(規約の変更)
この規約の変更は、支部総会に出席した会員のうち3分の2以上の同意を得て、幹事会及び社員総会の承認を得るものとする。
2011 年度は暫定的に役員任期を1年とする。2012 年度に再任となっても、この1年はその後の任期3年に含めない。

施行期日 2011 年4月1日より施行する。
改定 2013 年5月25 日
2014 年4月1日
一部改定
第9条、第10 条、第12 条、第13 条改定
2018年5月19日
一部改定
第2条改定